3月3日はひな祭り、桃の節句とも言います

日本では3月3日に女の子の健やかな成長を祈ってひな祭りをします。

ひな祭りの前からひな人形を飾ります。
ひな祭りが終わると、すぐに片づけないと女の子の結婚が遅くなるという言い伝えがあります。
もちろん、最近ではあまり早く結婚したくない子や、全然結婚したくない子も大勢いますが。

ひな祭りは桃の節句とも言われ、一年に五つある節句の一つです。
(桃の実ではなく、桃の花ですよ。)

 
五つと言うと、ピンときませんか?
そう、中国の陰陽五行説の影響ですね。

節句は季節の句切れで、この日に「けがれ」を清めることによって、悪いことを遠ざけると考えられていました。

五つの節句が定められたのは江戸時代でしたが、ひな人形の原型は、遠く平安時代(8世紀の終わりから12世紀の始め)にさかのぼるようです。

紙で作った男女一対の人形を川に流す風習があったのです ね。
そうすることによって、私たちの「けがれ」もまた流されると信じられていたのでしょう。

「けがれ」とは何か。
何か私たちを病気にするもの、憂鬱にするもの、危険におとしいれるもの、悪い運を持ってくるもの。
当時はストレスという言葉はなかったけれど、行き過ぎたストレスもそうかもしれませんね。
一年に一回人形を流すことによって、スッキリしていたのでは。

人口が増えた今、それをやったら環境問題ですね。

流していた人形を飾るようになったのがひな人形だ、というのが一つの説です。
もう一つのひな人形の起源は、平安時代の貴族の少女たちが遊んでいたお人形。
平安のリカちゃん人形かな。

ところで、ヒナとは小さなもの、可愛いものを指したようです。
今ヒナと言ったら鳥の赤ちゃんのことですが。

ひな祭りには、ひなあられや

続きを読む 0 コメント

パンケーキをフランス人はクレープと呼ぶ


イギリスやアメリカなど英語圏の国では、もうすぐパンケーキの日。
今年はちょっと遅くて、2月28日火曜日ですね。

フランス語と英語の奇妙な関係としてフランスに住んでたときに気づいたことの一つ。

フランス人はパンケーキをクレープと呼び、イギリス人やアメリカ人はクレープをパンケーキと呼ぶ。

もちろん、フランス人はクレープのこともクレープと呼ぶし、イギリス人やアメリカ人はパンケーキのこともパンケーキと呼ぶ。

だから、アメリカのアニメをフランス語で見ていると、 クレープとは思えない分厚い「クレープ」が出て来たり、逆にフランス映画の英語版を見てると、やけに薄い「パンケーキ」が出てきたりする。 

しかし、周りのフランス人やイギリス人たちは少しも気にしていないようだった。

フランス人は、アメリカ人はクレープを分厚く作るんだと思っているし、アメリカ人は、フランス風のパンケーキは薄いんだと思っている。

トルコなど中東にはまた少し違ったパンケーキがある。

そして日本人は、クレープとは薄くて中に何か入れて巻いたりたたんだりできるものだと思っているし、パンケーキとは食べごたえがあって上に何か付けるものだと思っている。

因みに、パンケーキのパンとはパンのパンではなく、フライパンなどのパンです。
pancake と書くのですから。
パンみたいに食べられるケーキという意味ではなく、フライパンで焼けるケーキという意味じゃないかな。
ブレッドという意味のパンは英語ではなくフランス語で、painと書きます。 

何はともあれ、おいしいパンケーキ(クレープでもいいのですが)を! 

続きを読む 0 コメント

バレンタインデーには欧米でもチョコレートをあげるの?

続きを読む 0 コメント

明けましておめでとうございます

今年も、そして今年こそ

続きを読む 0 コメント