A Rolling Stone Gathers No Moss

 

この英語の諺、直訳すると転がる石は苔を集めぬ。

前に私が聞いたところでは、日本では苔はきれいなものだけど、ヨーロッパでは苔を付けない方が良い。
だから苔を集めないというのはいい意味なのだ、ということでした。

ところが、今日ふと疑問に思うことがあり、調べてみたところ、どうやらそうでもないらしいのです。

この諺はすでにギリシャ、ローマの頃からあったそうです。
中世の頃、エラスムスが紹介しているのを見ると、ずいぶん息が
長いですね。

元々の意味は、やはり日本の伝統的な感覚と同じで、一つのことを続けられない人、一所で責任を果たすことができない人を戒めるものだったとか。

苔というものは根を持たないということで、ノマドなイメージもありますね。

時代が変わると、動いているものはさび付くことがないというプラスの意味でも使われるようになったようです。

ちなみに、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズは、ブルースの大物マディ・ウォーターズの歌「ローリングストーンズ」からグループ名を取ったとか。

決して一所に留まらず、放浪し続け、常に新しい者であろう、という願いをこめたものだったのでしょうね。