外国語の勉強は構文が大事

 

外国語の勉強をする時、とにかく単語を覚えればいいと思っている人も多いようです。

でも、大人同士のコミュニケーションで、単語一つで成り立つものはありません。

「インコ」と言ったところで、インコがどうなのかわかりません。

インコがすきなのか?インコにアレルギーがあるのか?インコが欲しいのか?それともインコを売りたいのか?

英語にせよ日本語にせよ、掴まなければならないのは構文です。

読むとき、書くときは、特に構文が重要です。

構文次第で意味が逆になることもあるのです。

ある言語をモノにできるかどうかも、構文を理解できるかにかかっています。

Toeicで点数を稼ぎたい時も、やっぱりそうです。

構文がわかっていれば、そこに動詞が来るべきか、名詞が来るべきか、形容詞が来るべきか、副詞が来るべきか、すぐにピンときます。 

語彙が大事でないとは言いませんが、 構文理解を優先させるのが早道です。

建物だって、骨組みがちゃんとしていなければ倒れてしまいます。

 

言葉も同じことです。