英単語スペリングを効率よく覚えるには 2

 

おススメのスペリングの覚え方。

それは、書いて読んで見て聞きながら覚えることです。

書くだけ、読むだけに比べて4倍とは言いませんが、2倍は効率よく覚えられると思います。

どうやるかというと、1字1字アルファベットで書きながら、そのアルファベットを唱える。
そうやって1語書き終えたら、その都度今自分が書いた英単語を見ながら発音する。
自分が言っていることを耳の中に叩き込む、という方法です。

例えば、 beagle(ビーグル犬)という単語を覚えるとしましょう。
書きながら同時に b, e, a, g, l, e と唱える。
beagle と一つ書き終える度に、今自分が書いた単語をしっかりと見ながら発音する。
そうしてから2回目を書く。
初心者であれば、こんな風にとりあえず5回書いてみる。

大きな声を出す必要はありません。
自分の耳にだけ聞こえれば十分です。

書くだけに比べたら、1つの単語を書くのに時間がかかります。
でも、書くという動作、言うという動作、視覚、聴覚を同時に使うことで、定着が早まります。

今でも中学校の時に唱えた英単語のスペリングが口をついて出てくることがあります。

漢字を覚えるのと英単語を覚えるのと、同じ方法ではできません。
漢字は何度も書くことによって手に覚えさせ、見ることによっても覚えます。
英単語は漢字と比べるとビジュアルの印象は弱いのですが、アルファベットを唱えることができます。

漢字も今は「下村式」が評判で、唱えるという要素を足して覚えている子どもたちも多いようですね。
効率が上がると思います。

さて、私がこの方法を思いついたのはもちろんなるべく短い時間で英単語を覚えたかったからですが、映画『スヌーピーとチャーリー』からヒントをもらいました。

何をやっても駄目なチャーリー・ブラウンがスペリングコンテストに出る話です。
そのスペリングコンテストで、子どもたちは問題に出された単語のスペリングを口で唱えるのですね。

チャーリーはどういうわけかコンテストを勝ち進み、決勝の大舞台に出ます。
最後に彼を含む2人の子どもが残ります。
遂にチャーリー・ブラウンはヒーローになれるのか?

これ以上はネタバレになるので慎みます。
映画をご覧になれば、なぜ私がbeagleという単語を例にとったかおわかりになるはずです。